ブログ

発電機の稼働テストを実施

フジゴセイキでは時折土曜や祝日も営業日となります。
ご連絡いただく際の営業日のご確認は、カレンダーでお願いいたします。
そんな土曜の午前中、屋上に集合した営業管理課が検証したのはこちら。

 

はい、発電機です。
詳しく言うと、『ホンダ製カセットガス使用インバータ発電機』です。

フジゴセイキではBCPの一環として発電機を2台置いており、有事の際に備えています。
今回はその定期点検を兼ねて、稼働テストしました。
本機はオイル入れてカセットボンベを入れるだけで動くという簡単な仕様なので非常に分かりやすいです。

・一般の扇風機 … 問題なく稼働。

・iPad mini(第六世代)の充電 … 5分で1%充電。
 思ったよりも充電できないものなんですね。そもそもコードやアダプタに問題があるのかもしれませんが。
 急速充電用コードも試してみれば変わったのでしょうか。

 

 

900Wまで出力できるとのことなので他にもいろいろできそうではあります。
実際ネットを巡ってみると、口コミでも冷蔵庫やチェーンソーでも使えたとのことなので、緊急時には困らなそうです。
今回は稼働テストなので、このあたりはサラッと。

注意したいのは、この発電機は『屋外用』だということ。
何と言ってもカセットボンベやLPGを使うので、ニオイもあるし、音も大きいです。

簡易的に騒音計で調べたところ、結果は以下の通り。
通常モードでの計測値(機器から1m)は、75.1dB。騒音ですね。

 

エコモードでの計測値(機器から1m)は、68.6dB。やっぱり騒音ですね。

 

少し離れて10m先でも、エコモードで58.8dB。

 

だからといって囲うわけにもいきませんので使うときには注意が必要そうです。

ガスボンベ2本で1.1時間。エコモードでも2.2時間。
緊急時ではそれだけでも十分に有り難いものですが、スマホの充電だけで言えば他の手も検討したほうが良さそうです。

今後も検証を続けつつ、災害時に素早く対応できるよう力を入れていきます!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。